福島県会津若松市の国道49号の歩道で信号待ちの立川健さんと植松則夫さんを折笠美千乃さんの軽乗用車が後続車から追突を受けはねる

《2015年5月25日・午前8時5分ごろのこと》

会津若松市の国道49号で、横断歩道で信号待ちをしていた会津若松市在住の立川健さん(80)と同市在住、会社員・植松則夫さん(48)を、臨時保育士折笠美千乃さん(45)の運転する軽乗用車が後続車からの追突を受け、結果的にはねることとなった。

会津若松署の調べ(現場検証など)によると、

事故当時、駐車場に入ろうと減速していた折笠美千乃さんの軽乗用車に土木作業員男性(19)が運転する軽乗用車が追突。

その軽自動車からの追突を受けた衝撃により、
折笠さんの軽乗用車が押し出された形となり、
歩道に居た立川健さんと植松則夫さんの2人をはねる結果となった。

立川健さんは頭を強く打ち意識不明の重体、
植松則夫さんは左腕に軽傷を負ったとのこと。

会津若松市の国道で事故 歩道にいた男性が意識不明

事故現場周辺(会津若松市・国道49号)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加