愛知県名古屋市中村区の路上、酒に酔い面識のない女性の背中を包丁で刺す、殺人未遂の疑いで神出勝彦容疑者逮捕

《2015年5月22日・午後5時55分ごろ》

「名古屋市中村区名駅南5の路上で女性が刺された」
と近所の人から110番通報があった。

【今回、逮捕されたのは、同県一宮市冨田砂入の無職・神出(かみで)勝彦容疑者(43)】

逮捕容疑は、現場近くに住む松原章(あきら)さん(43)の背中を包丁で刺したとしている。
幸い松原章さんは命には別条はないという。

背中を男に刺された際に、一緒にいた女性の夫が男(神出勝彦容疑者)を取り押さえ、
通報により駆けつけた愛知県警中村署員が殺人未遂の疑いで、男を現行犯逮捕した。

警察の調べによると、神出勝彦容疑者は、
「(松原さん)と面識がない」
などと供述しており、容疑を認めているという。

神出勝彦容疑者は、事件当時、酒を飲んでいたようだ。

現場周辺(愛知県名古屋市中村区名駅南)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加