米国西海岸の砂浜で青いクラゲ(カツオノカンムリ)約10億匹が大量死

クラゲの仲間で、「紫の水夫」「風まかせの船乗り」と呼ばれるカツオノカンムリが、
米国西海岸の砂浜に約10億匹が打ち上げられた。

青や紫色のしぼんだ風船のように重なり砂浜を埋め尽くしている。

カリフォルニア州中央部にあるモントレー・ペニンシュラ大学の海洋生物学者ケビン・ラスコフ氏に話を聞いたところ、

約4~6週間ほど前からオレゴン州とワシントン州の海岸に現れはじめたようだ。
また、カリフォルニア州でも見られるようになったという。

カツオノカンムリは、三角形の硬い“帆”を持ち、
普段は外洋の海表面を風向きと海流に身を任せて漂流する。

だが、いつもと風向きが異なる年には、陸地の方向へ流される。
陸地へ流されることはカツオノカンムリにとっては死を意味する。

陸へ打ち上げられて大量遭難死するカツオノカンムリの姿は珍しいことではないらしい。
ケビン・ラスコフ氏は説明する。

3年~6年ごとに起きるのだという。

10億匹の青いクラゲが大量死、米国西海岸で

三角形の“帆”を持つ謎に満ちたカツオノカンムリが打ちあがる

西海岸沿いにおそらく10億匹が打ち寄せられているだろうと見積もる。帆の部分は、乾燥すると透明なポテトチップのように見える。見た目はどんなに綺麗でも、拾い集めてはいけない。カリフォルニア州では、正当な許可なしに海洋生物を採集することが禁じられている。

くらげ

 カツオノカンムリはクラゲの一種なので、刺されることもある。捕食動物であり、海面に浮遊する極微小なプランクトンを餌とする。

 指で触れても痛みは感じないかもしれないが、その指で目をこすったり、肌の敏感な部分に触れば刺激を感じる。つまり、触ったらダメということだ。

引用:ヤフーニュース

★世間の反応は?★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加