バイクを運転していた真田靖宏さんが知人北田利行容疑者の車から追突され死亡

北田利行容疑者と真田靖宏さん

【兵庫県神戸市】
オートバイを運転していた高校2年の男子生徒が知人の乗用車からの追突を受けて死亡したとのこと。

【事故詳細・2015年5月6日午前1時半ごろ】
神戸市北区の県道で、乗用車が前を走っていたオートバイに追突。

オートバイを運転していた神戸市の高校2年・真田靖宏さんが頭を強く打ったことにより死亡したという。
警察は、真田靖宏さんの知り合いで乗用車を運転していた会社員の北田利行容疑者を過失運転致傷の疑いで逮捕したとのこと。

北田利行容疑者は、警察の調べに対して、
「オートバイ(真田靖宏さんが運転する)が急ブレーキを掛け、(自身の車は)避けきれなかった」
と供述しており、容疑を認めているという。

北田利行容疑者と真田靖宏さんは一緒に隣の三木市内のダムに向かう途中だったという。

知人の車に衝突され・・・オートバイ運転の高校生が死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加