埼玉県の市道で車のボンネットの男性を振り落とし殺そうとしたタクシー運転手黒岩正志容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕

《2015年5月17日》
埼玉県警西入間署は、車のボンネット上の男性を振り落とし殺そうとしたとして、殺人未遂の疑いで、
鶴ケ島市上広谷=タクシー運転手・黒岩正志容疑者(36)を逮捕

入間署の取調べによると、黒岩正志容疑者は、
「振り落としたことは間違いないが、殺すつもりはなかった」
などと供述しており、容疑を一部否認している。

《黒岩容疑者の逮捕容疑・2015年5月15日の午後9時半ごろ》
坂戸市関間の市道で、乗用車のボンネットに東京都大田区の会社員男性(31)を乗せたまま走行して、
約30メートル先で振り落とし殺そうとしたとしている。
会社員男性は右足首などに軽傷を負ったという。

《会社員男性がなぜ黒岩容疑者のタクシーのボンネットに乗ることになったのか?経緯など》
黒岩容疑者は男性の乗用車を後ろから約2キロにわたり煽っていたという。
現場付近で男性が黒岩容疑者に話しかけようとした、その際、黒岩容疑者はタクシーのアクセルを踏み急発進させたとのこと。その時に男性がタクシーのフロントガラスにしがみついた。

現場周辺地図(埼玉県坂戸市関間)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加