三社祭でドローンを飛ばすと予告・横浜在住無職の少年(自称ノエル)を威力業務妨害の疑いで逮捕

【2015年5月21日】
《警視庁は、東京・浅草で15~17日に開かれた三社祭で小型無人飛行機ドローンを飛ばすとインターネット上で予告によって、祭りの進行を妨害したとして、横浜市に住む無職の少年(15)を威力業務妨害の疑いで逮捕》

警察の調べによると少年は、
「ドローンを飛ばすとは一言も言っていない」
などと供述しており、現在容疑を否認しているという。

今回、威力業務妨害の容疑で逮捕されたのは、
神奈川県横浜市に住む無職の少年は、「ノエル」と自称する動画配信者。
名前は北沢聖也(きたざわ せいや)といい、ニコニコ大百科では「キチガイ系配信者」とされている。

北沢聖也(きたざわ せいや)・・・有名私立中学(巣鴨中学校)に在籍していたが「配信業に専念したい」と、自主退学を宣言。
退学報告の様子を学校からニコニコ生放送にて無断で配信を行っていた所リスナーからの通報により配信が学校側にバレ、結果懲戒退学の処分をうけた。現在は汐見台中学校に在学中だが2~3回登校したきり学校には行っておらず、実家で配信に明け暮れている。

少年事件課によると、
少年は14~15日にかけて、動画配信サイトにて三社祭について、
「祭り行きますから。撮影禁止なんて書いてないからね。祭りは、無礼講ですよ」
と動画共有サイトに配信。

三社祭の主催者に、
ドローン持ち込みや飛行の禁止を求める貼り紙を作らせたり、警備をさせたりして、業務を妨害した疑いがもたれている。

少年は今月(5月)1日に京都市の東本願寺付近、3日に兵庫県姫路市の姫路城付近でドローンを飛ばし、
「人混みで落下すると危ない」
などと警察から注意されていた。

しかし、9日には長野市の善光寺で、
法要行列の間に落下したドローンを操縦していたとして長野県警に指導されていた。

また、国会近くなどで再三ドローンを飛ばそうとする様子をインターネットで配信。
そこでも、警視庁が少年を保護して注意。

首相官邸屋上への落下事件を受けて、
自民党は「ドローン飛行禁止法案」を今国会に議員立法として提出するとしている。

15歳少年逮捕 浅草・三社祭で「ドローン飛ばす」予告、業務妨害の疑い

小型無人機「ドローン」を国会議事堂近くに持ち込むなどしていた横浜市の無職の少年(15)について、浅草神社(東京都台東区)の三社祭でドローンを飛ばすとの発言をインターネット上に投稿したとして、威力業務妨害容疑で逮捕。捜査関係者によると、少年は、三社祭でドローンを飛ばすとの発言をネットに投稿し、奉賛会に警備を強化させるなど、通常の業務を妨害したとしている。奉賛会は墜落事故を防ぐため、ドローンの使用をしないようホームページや会場で呼びかけていた。この投稿を受けて、会場周辺や少年の自宅付近を警戒していた捜査員が15日午後、千代田区紀尾井町の清水谷公園で、ネット中継をしていた少年を発見。ドローンを取り出したところで職務質問をして、厳重注意のうえ母親に引き渡していた。

引用:産経ニュース

ドローン飛行示唆、15歳逮捕=浅草・三社祭の業務妨害容疑-動画で配信・警視庁

警視庁は逮捕した理由について「逃走や証拠隠滅の恐れがあり、逃走中に飛行させて被害が発生するのを防止する必要があった」と説明している。 逮捕容疑は14~15日にかけて、「浅草で祭りがあるみたいなんだよ。祭り行きますから」「撮影禁止なんて書いてないからね」などと三社祭でドローンを飛ばすことを示唆した内容をインターネットの動画共有サイトで配信し、ドローンの飛行を禁止する張り紙を作成させたり、自主警備を強化させたりし、主催者の業務を妨害した疑い。 動画を視聴した福岡県の30代女性が15日、同庁浅草署に通報して発覚。同署が祭り主催者側に警備強化を要請した。

引用:時事ドットコム

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加