【不妊治療と偽りわいせつ行為】なかや療院院長の鍼灸師榊仁容疑者が逮捕

準強制わいせつの疑いで57歳の男が逮捕された。
自らが経営する鍼灸(しんきゅう)院で、不妊治療と偽り、30代の女性にわいせつな行為をした疑いが持たれている。

静岡・三島市の「はり、きゅう、指圧、治療・なかや療院」と書かれた看板がかけられている鍼灸院。
鍼灸院経営・榊 仁(まさし)容疑者は、赤いジャンパーをかぶり、うつむきながら警察官に連れられ出てきた。

【4月21日のこと】
榊 仁(まさし)容疑者は、自らが経営する鍼灸院で、30代の女性に対し、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

榊 仁(まさし)容疑者は、警察の調べに対し、
「間違いありません」
と供述しており、わいせつな行為をした容疑を認めているとのこと。

警察は家宅捜索に入り、
鍼灸院(榊仁(まさし)容疑者が経営する)から段ボールを手に続々と出てきた。

榊容疑者の自宅や経営する鍼灸院から、カメラやビデオなどが押収されたようだ。
警察は、榊容疑者がほかの女性にもわいせつな行為をした可能性があるとみて、捜査を進めていく方針。

ツイッターでの情報

なかや療院の院長の鍼灸師・榊 仁(まさし)容疑者(57)

意見・反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加