2017年以降、メーカー各社ガラケー(従来型携帯電話)生産終了へ、OSはアンドロイドへ統一

ガラケー生産中止

国内メーカーのパナソニックなどが、「ガラケー」の生産を2017年以降に中止ということで、
インターネット上では様々な反響が広がっている。

報道によると、メーカーは独自OSを搭載した携帯端末の生産を終了。
そして、OSをAndroidに統一するという。

「ガラスマ」と言われ、外見や操作性がガラケー風の端末の生産は続けるとのことだ。

これを受けてTwitterで「生産終了」がトレンド入りするなど話題。
現在もガラケーを使う人からは「困る」という声も挙がっている。

少なくともガラケーは無くしたとしても、
ガラケーの料金プランは残してほしいとの要望や、”高齢者にスマホは使いづらいのでは?”との心配も。
「ひとつの時代が終わった」「さみしい」と感慨にふける人もいるようだ。

2014年の秋には、携帯電話契約数において初めてスマホがガラケー抜いた。
もちろん、現在も、スマホの普及は進んでいる。
だが、ネットの反応からガラケーを利用している人、また、思い入れのある人もまだまだ多く居ることが伺える。

従来型携帯の生産終了 国内各社、17年以降
NECは端末完全撤退

パナソニックなど日本の携帯端末メーカーが独自の基本ソフト(OS)を載せた従来型携帯電話、通称「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準である米グーグルのアンドロイドに統一する。日本がかつてけん引した従来型携帯の基幹技術がその役割を終える。

引用:日本経済新聞

★ツイッターによるみんなの反応は?★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加