麻薬入液体GHBを中国から密輸、アロマ王子と名乗りマッサージ店経営(ルキューア デュレーヴ)堀口拓也容疑者逮捕

麻薬が入った液体GHB)を中国から密輸

《「アロマ王子(自称)」と名乗っていたアロママッサージ店経営(ルキューア デュレーヴ)の36歳の男・堀口拓也容疑者が警視庁に逮捕された》

堀口拓也容疑者は、警察の調べにたいして、
「精力剤を頼んだが、麻薬が入っているとは思いませんでした」
などと供述しており、容疑を否認しているという。

東京・武蔵野市吉祥寺本町のアロママッサージ店経営(Le Cure du Reve(ルキューア デュレーヴ))堀口拓也容疑者(36)は、今月(5月)4日、『GHB』と呼ばれる麻薬が含まれる液体およそ13グラムをインターネットで購入し、中国から国際郵便で密輸した疑いがもたれている。

堀口拓也容疑者は自身のブログで、
「アロマ王子」と名乗っており、
「過去にも精力剤を輸入した」
などと供述していることなどから、

今後、警視庁は、
自身が経営する店の客に対しても麻薬を含む液体を使用していた可能性があるとみて、
詳しく追求し、調査を進めていく方針とのこと。

自称アロマ王子「精力剤頼んだが、麻薬とは…」

麻薬を中国から密輸したとして、東京・武蔵野市でアロママッサージ店を経営する36歳の男が逮捕されました。
 堀口拓也容疑者は4日、麻薬を溶かした液体約13ミリリットルを中国から成田空港に密輸した疑いが持たれています。警視庁によりますと、店はアロマオイルを使ったマッサージが人気で、堀口容疑者は「アロマ王子」と自称していました。警視庁は、堀口容疑者が麻薬を混ぜたオイルを客に知らせずにマッサージに使っていた可能性もあるとみて調べています。堀口容疑者は「精力剤を頼んだが、麻薬が入っているとは思わなかった」と容疑を否認しています。

引用:テレ朝ニュース

麻薬入り液体密輸の疑い、自称「アロマ王子」の男逮捕

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加