カンヌ国際映画祭直前に高級ブランド「カルティエ(Cartier)」店舗に4人組強盗入る

【2015年5月5日のこと】

カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)の開幕を来週に控えた南仏カンヌ(Cannes)で、海沿いのクロワゼット大通り(Promenade de la Croisette)に面した高級ブランド「カルティエ(Cartier)」の店舗に拳銃で武装した4人組の強盗が入った。

4人組の強盗は、推定1750万ユーロ(日本円にして約24億円)相当の宝飾品や時計を奪って逃走する事件が発生した。

今回、強盗によって、奪われた宝飾品や時計の中に、
映画祭用のものが含まれていたかどうかは未だ明らかになっていないとのこと。

警察当局は、店舗(カルティエ(Cartier))の監視カメラの映像を分析し、容疑者の特定を急ぎ、調査を進めていく方針とのことだ。

《捜査関係筋が7日に明らかにした》

映画祭直前の仏カンヌで宝石強盗、推定24億円の被害

カンヌ国際映画祭の開催に合わせ、映画スターたちが着用するための高級宝飾品が世界各地から持ち込まれるため、窃盗犯らの格好の標的となっている。

 強盗らは、革のかばんと宝石袋に宝飾品や時計を入れ、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)に乗って逃走。その途中で路上に高価な時計をいくつも落として行った。市内の住宅地で乗り捨てられた車が発見され、3月に盗難被害に遭っていたものであることが分かった。

引用:ヤフーニュース

twitter

まとめ

ツイッターの声にもあるように、
不謹慎だが、ある漫画を彷彿とさせられる気持ちも理解できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加