茨城・古河市下辺見の路上でひき逃げに逢ったとみられる男性・中武直也さんが死亡

《2015年5月23日・午前2時ごろ》
路上でひき逃げ事件にあったとみられる20代くらいの男性(会社員=中武直也さん(28))が倒れているのが発見された。

茨城・古河市下辺見で、通行人の男性から、
「道路上に20代くらいの男性が倒れている」
などと、110番通報があったとのこと。

通報を聞いた警察官が現場に駆けつけたところ、
古河市内に住む=中武直也さんが、意識不明の状態で頭部から流血している姿で倒れているのを発見した。
すぐに病院に搬送されたが、その後、間もなく病院で死亡が確認された。

現場には、白い車の部品・破片とみられるものなどが残されており、
現在、警察は、ひき逃げ事件とみており、逃げた車の行方を追い、慎重に捜査を進めていく方針。

現場周辺(茨城・古河市下辺見)

ひき逃げか、男性死亡 茨城・古河市

古河市下辺見の市道で、「20代くらいの男性が頭から血を流して道路に倒れている」と通行人から110番通報。警察が現場に駆けつけ、意識不明の状態で倒れていた男性は病院に搬送されたが、死亡。男性は20代とみられ、警察は身元の確認を進めている。現場に白っぽい色の車の破片が残されていたことから、警察はひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っている。

引用:日テレNEWS24

路上に倒れていた28歳男性が死亡 ひき逃げか 茨城・古河市

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加