姫路通り魔事件の犯人逮捕、兵庫県車崎の路上で11日の夕方女子中学生の胸を刃物で刺す

姫路通り魔事件犯人の男、勝田州彦(くにひこ)容疑者(36)=加古川市平岡町新在家を逮捕
《兵庫県姫路市車崎2の路上で11日の夕方に、女子中学生(14)が胸を刃物で刺されるなどした事件》

2015年5月の19日、兵庫県警捜査1課と飾磨署などは、殺人未遂の疑いで、加古川市の無職の男(36)を逮捕した。

通り魔の男は、警察の調べに対して、
「持っていた刃物で数回刺した。殺すつもりはなかった」
などと供述しており、おおむねの容疑は認めている。

女子生徒との接触の際に、ナイフを使用したとのことだが、現在、未だ見つかっていないとのこと。

今後、警察は男から事情聴取などをして、さらに捜査を追及して進めていく方針。

犯人の男が犯行当時に乗っていた自転車が、現場周辺の防犯カメラに写っていたことなどから勝田州彦容疑者が浮上してきた。

◆逮捕された勝田州彦(くにひこ)容疑者前科
『2009年当時小学生1年生女児に暴行・重症を負わせる』。

女児暴行事件で、勝田容疑者には懲役4年の判決が下された。

取り調べの際、勝田容疑者は、
「女の子(女児)が痛がる顔を見ることで興奮を覚えた」
などと供述していたおり、容疑を認めていたとのこと。

警察の家宅捜査の際に勝田容疑者の部屋から女児のSMビデオ(DVD)アニメなどが押さえられた。

勝田容疑者の父親は警察官OB・母親は元警察職員。

2015年5月20日の追記
→兵庫・加古川市の無職・勝田州彦(くにひこ)容疑者は、事件で使用した凶器については、自宅付近の川に捨てたと供述。

近所の人などへの聞き取り調査を行った結果、
「(勝田州彦(くにひこ)容疑者について)自転車でにこにこ笑って、会釈していた」
「外見は、すごくいい人。愛想のいい。びっくりしています。乱暴な感じ、しませんから」
などと話しているという。

警察は、勝田容疑者が捨てた供述している凶器について、
20日朝から、捜索にあたっているが、現在までで、発見には至っていないとのこと。

関連記事
⇒『【兵庫県姫路市車崎2丁目・通り魔】中3女子が自転車に乗った見知らぬ男に無言で切られる

兵庫・通り魔事件 逮捕男「刃物は自宅近くの池に捨てた」

女子中3生刺した疑い、無職男逮捕 兵庫・姫路の路上

兵庫県姫路市の路上で、中学3年の女子生徒(14)が胸や腕などを刃物のようなもので刺され重傷を負った事件で、兵庫県警は、殺人未遂容疑で、同県加古川市平岡町新在家の無職、勝田州彦(くにひこ)容疑者(36)を逮捕。「持っていた刃物で腹部を刺したが、殺すつもりはなかった」と供述している。逮捕容疑は11日午後5時ごろ、姫路市車崎の路上で、女子生徒の胸などを刃物で数回刺して重傷を負わせ、殺害しようとした。県警によると、勝田容疑者は女子生徒と面識はない。「ナイフを使った」と供述しているが未発見。勝田容疑者は犯行当時、自転車に乗っていた、現場周辺の防犯カメラに自転車の不審な男が写っていたことから浮上。

引用:産経WEST

事件現場地図(兵庫県姫路市車崎2の路上周辺)

兵庫・姫路で中3女子を刺した容疑で36歳の男逮捕

兵庫県姫路市で女子中学生が男に切りつけられた事件で、無職の男が殺人未遂の疑いで逮捕。逮捕されたのは、兵庫県加古川市に住む無職・勝田州彦容疑者(36)。
 勝田容疑者は、姫路市・車崎の路上で、近くに住む中学3年の女子生徒(14)の胸などを刃物で数回刺した疑いが持たれています。傷は肺まで達し全治1か月の重傷です。
 勝田容疑者は、刺したことは認める一方、「殺すつもりは全くありませんでした」と殺意を否認しているということです。
 勝田容疑者は6年前にも小学1年の女の子(6)の腹を殴って重傷を負わせるなど女の子を狙った事件を起こしていて、警察は動機などを捜査しています。

引用:TBS NEWS i

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加