北海道千歳市の高台町内会館敷地内で学生が手りゅう弾と迫撃砲弾入りのバッグ発見

《2015年5月16日午後3時半ごろ・学校を通じて110番通報》

北海道千歳市高台の高台町内会館の敷地内(高台町会館の建物と物置の隙間)において、
遊んでいた小学生が手りゅう弾と迫撃砲弾のような物が入ったスポーツバッグを発見したとのこと。

スポーツバッグが発見された場所は、新千歳空港から北に約1キロの住宅地となり、
周辺には複数の陸上自衛隊の駐屯地、また演習場などがある。

北海道警千歳署の調べによると、
スポーツバッグに入っていた手榴弾は訓練用のもの、それと炸薬が抜かれた迫撃砲弾であった。
その為、幸い爆発の危険性はなかったという。

現在、スポーツバッグは、自衛隊が回収。
さらに詳しい調査を行っているとのこと。

町内会館に手投げ弾入りバッグ 子どもが発見 北海道

北海道千歳市高台3丁目の高台町内会館で、白いバッグに手投げ弾と迫撃砲弾のようなものが入っているのを近くの子どもが発見し、連絡を受けた学校が110番通報した。   千歳署が調べたところ、バッグに入っていたのは訓練用の手投げ弾2個と迫撃砲弾の外側の筒1個で、火薬は入っていなかった。バッグは物置付近に置かれていたといい、陸上自衛隊が詳しく調べている。

引用:朝日新聞デジタル

スポーツバッグ発見現場周辺(北海道千歳市高台3丁目)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加