「ビールを数杯飲んだ」兵庫県明石市立中学校教諭の谷口浩二容疑者を酒気帯び運転で逮捕

【2015年5月15日・午後9時50分ごろ】

兵庫県警垂水署は、酒気帯び状態でミニバイクを運転(飲酒運転)したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、兵庫県明石市立中学校教諭の谷口浩二容疑者(39)=神戸市垂水区霞ケ丘=を現行犯逮捕。
明石市垂水区東舞子町の市道での、飲酒運転などを取り締まる検問で発覚。

垂水署の調べによると、谷口浩二容疑者は、
「ビールを数杯飲んだ」
などと供述しており、容疑を認めているという。

ツイッター

飲酒運転について

いつになれば、飲酒運転は無くなるのか・・・
こんなに毎日数多くの事故が起こっているのに。
しかも、今回捕まった谷口浩二容疑者は中学校の教諭だという。
こんな男が一体これからの子供達に何を教えることができるというのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加