鹿児島県枕崎市で15日から行方不明となった女子児童・大野咲希さんが川から遺体で発見

【2015年5月16日・鹿児島・枕崎市・午後のこと】
15日から行方不明(事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとみて捜索されていた)となっていた女子児童(小学3年生・大野咲希さん(8))が、親戚宅近くの川から遺体で発見された。

警察枕崎署の調べによると、
大野咲希さんが、15日午後4時ごろ下校する姿を担任が確認していた。

学校を終えて、約400メートル離れた(学校から)祖母の家に向かったみられるが、それを最後に行方不明。
午後8時近くになっても祖母宅に姿を見せないことから、母親が枕崎署に連絡したとのこと。

当日の鹿児島地方気象台によると夕方、市内には大雨洪水注意報が出ていたという。
断続的に強い雨も降っていた。

学校と祖母の家までの間にはフタのない側溝があり、大野さんが流された可能性もあるとみて、捜索を進めていた。

現在、警察は、大野咲希さんが、自ら誤って側溝に落ち、川に流されたとみており、さらに詳しい調査を進めている。

鹿児島・枕崎市で行方不明の小3女児、遺体で見つかる

河口で遺体見つかる・・・鹿児島で小3女児が行方不明

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加