東京・荒川区東尾久の木造2階建て住宅で火事、住人の女性・秋本忠恵さん死亡

《2015年5月23日・午後11時半ごろのこと》
東京・荒川区東尾久の木造2階建て住宅で火事が起きた。

付近に住む男性から、
「煙が見えた」
などと、119番通報があったとのこと。

その通報を受け、東京消防庁のポンプ車など計19台が出動。
ポンプ車などの到着から火は約30分後に鎮火された。

しかし、火事によって、この家で一人暮らしをしていた84歳の女性・秋本忠恵さんの死亡が確認された。
現在、警視庁が出火の原因を追求し詳しい調査を行っている。

警察の調べ(現場検証などから)によると、
1階の居間や台所のおよそ5平方メートルが焼けたとのこと。

当時、鎮火後の現場では、秋本忠恵さん(84)が居間で倒れているのが発見、顔や首などにやけどを負っていた。
発見後、早急に病院に搬送されたが、その後、間もなく病院で死亡が確認。

東京・荒川区の住宅で火事、84歳女性死亡

現場周辺(東京・荒川区東尾久)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加