東京品川区南大井の住宅で火災発生、付近の小学校の児童や職員らが大井第一地域センターへ避難

◆2015年6月4日・正午前◆

「住宅から火がでている」
と119番通報があったとのこと。

東京・品川区南大井の住宅で火災が発生、
現在までに7棟、270平方メートルを焼いているという。

◆付近に住む人や状況など◆

火災現場の近くには小学校や幼稚園があるとのことで、

品川区立浜川小学校の児童や職員ら、あわせて380人が付近の施設「大井第一地域センター」に避難しており、
児童や職員などに、けが人などは確認されていない。

また浜川小学校に隣接する区立浜川幼稚園の園児およそ70人は、外へ出ることで煙を吸い込む可能性があるため、
園内で待機・非難したという。

また、火事現場近くを通りかかった女性1人が煙を吸い込んだようで、病院へ搬送された。

この火災の影響により、
東京消防庁のポンプ車などが計33台が出動して、消火活動にあたっているが、
未だ延焼中とのことだが、ほぼ鎮火されているという。

火元とみられている建物は2階建ての空き家住宅だということで、
警視庁と東京消防庁が、出火の原因・経緯などを追求して詳しい調べ進めている。

現場周辺(東京・品川区南大井)

ツイッター

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加