総合商社・双日副社長喜多敏彦さん死亡、川崎市川崎区浮島町の首都高速湾岸線で停車中の乗用車にトラックが追突

【2015年5月16日・午前7時25分頃】
川崎市川崎区浮島町の首都高速湾岸線下り線で、停車中の乗用車に江戸川区=会社員男性・伊藤一雄さん(62)が運転するトラックが追突、後部座席に乗っていた総合商社「双日」の副社長・喜多敏彦さん(62)=東京都目黒区中目黒が全身を強打して死亡。

トラックを運転していた江戸川区の男性会社員と、乗用車を運転していた双日の男性社員・辻壮さん(48)と助手席の男性はいずれも軽傷という。

神奈川県警高速隊の調べによると、
現場は片側3車線の直線道路。
乗用車はこの事故の直前、ワゴン車に追突され、一番右の車線上に停車していたという。

衝突事故で双日副社長死亡 川崎の首都高湾岸線

川崎市川崎区浮島町の首都高速湾岸線で、路上に止まっていた東京都世田谷区、会社員辻壮さん(48)の乗用車に東京都江戸川区、会社員伊藤一雄さん(62)のトラックが衝突、乗用車の後部座席に乗っていた大手商社双日の副社長執行役員喜多敏彦さん(62)=東京都目黒区=が約8時間後に死亡した。

 県警高速隊によると、現場は片側3車線。乗用車は事故の直前にワゴン車に追突され、一番右側の車線上に停止。後続のトラックがぶつかった。ワゴン車は既に路側帯に避難していた。

引用:ニコニコニュース

周辺地図(川崎市川崎区浮島町)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加