火山ガスの濃度が基準値を超過「磐梯吾妻スカイライン」を全面通行止め

30日、福島県は、火山ガスの濃度が基準値を超過したとして、
福島市などの吾妻連峰を縦走する「磐梯吾妻スカイライン」を全面通行止めにした。
終日通行止めにし、火山ガスの濃度の様子を見ながら、再開時期を検討するという。

仙台管区気象台によると、
「ここ数日、風が弱い状態が続いているため、ガスがたまりやすい状況になっているのではないか」
とのこと。

現状では、火山活動に大きな変動はみられないという。
ひとまず安心といったところだろう。

だが、自然のことなので予期できぬことが起きるのも事実だ。
ゆえに不安も残る・・・

 <火山ガス>磐梯吾妻スカイラインを全面通行止め

県道路管理課によると、同日午前6時のパトロールで測定したところ、吾妻山山頂の火口から約1.2キロ地点で、硫化水素の濃度が基準値(10ppm)を超える25ppmだった。午前10時過ぎの測定では0.5ppmだった。県は、1日3回の濃度測定を5回に増やす。

磐梯吾妻スカイライン
 吾妻山は昨年12月、噴火警戒レベルが1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げられた。同スカイラインは安全確保のため、夜間は通行止めになっている。

引用:ヤフーニュース(毎日新聞)

火山ガス濃度高く通行止めに 磐梯吾妻スカイライン

福島県は30日、福島市を通る観光道路、磐梯吾妻スカイライン(約27・8キロ)の吾妻山火口から約1キロの地点で、火山ガス濃度が25ppmと基準値(10ppm)を超えたため、午前7時に全線を通行止めにした。県によると、1959年の供用開始以来、火山ガス濃度上昇による通行規制は初めて。県の担当者は「連休で観光キャンペーンの最中なのに残念だ」と話した。

引用:朝日新聞デジタル

吾妻山の観光道路通行止め、福島

福島県は30日、基準値を超える火山ガス濃度が計測されたとして、吾妻山(福島、山形両県)を通る観光道路「磐梯吾妻スカイライン」を全面通行止めにした。吾妻山の火山活動が一段と活発化したとの情報は入っておらず、気象条件が影響したとみられる。

 山頂付近の「大穴火口」から約1・2キロの路上で午前6時、硫化水素ガスの濃度が基準値の10ppmを上回る25ppmだった。ガス濃度は数時間置きに計測しており、今後数回連続して基準値を下回った場合、再開する。

 仙台管区気象台によると、天気が良く風が弱い日が続いたため、火山ガスがたまりやすい状態になった可能性があるという。

引用:ニフティニュース(共同通信)

◆ツイッターによる火山ガス濃度超過に関する反応◆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加