弁護士法違反の疑いで国際手配、元広告会社エレメントホールディングス社長平田稔容疑者が逃亡先のタイから強制送還され逮捕

【2015年5月19日・朝】
警視庁組織犯罪対策4課は、弁護士法違反の疑いで国際手配されていた男・元広告会社(エレメントホールディングス=港区)社長の平田稔容疑者(51)が、逃亡先のタイから強制送還されて逮捕となった。

平田容疑者は先週中に逃亡先のタイでは身柄を拘束されていたとのこと。

平田容疑者は、警察の取調べに対して、
「弁解することはなにもない」
と供述しており、容疑の否認と留保をしているという。

《逮捕容疑など》

警視庁によると、
平田稔容疑者は2009年から住吉会系暴力団組長らと共謀して、
無資格で消費者金融の過払い金返還を求める多重債務者25人を弁護士に斡旋した疑いがもたれている。

現在までで、警察の調べによると、
平田容疑者らは過払い金返還で計約1億6000万円の報酬を得ていたとみられている。

無資格で弁護士に債務者斡旋 容疑でタイ逃亡の元社長逮捕

警視庁組織犯罪対策4課は、弁護士法違反容疑で、タイに逃亡していた広告会社「エレメントホールディングス」元社長、平田稔容疑者(51)を逮捕。認否を留保している。

 平田容疑者は指定暴力団住吉会系組長らと平成21~22年、多重債務者約340人を広告で募集して弁護士に紹介。過払い金返還で計約1億6千万円の利益を得ていた。同課は同容疑などで、これまでに組長や弁護士計9人を摘発し、23年4月からタイに逃亡していた平田容疑者も国際手配。タイ当局が今月、不法滞在で平田容疑者の身柄を確保し、強制退去させていた。逮捕容疑は21年4~10月、弁護士資格がないまま、過払い金返還を求める多重債務者25人を弁護士に紹介したとしている。

引用:産経ニュース

自称投資家、弁護士資格なしで債務整理あっせんの疑い

弁護士資格がないのに債務整理をあっせんしたとして、住居不詳の自称投資家平田稔容疑者を弁護士法違反(周旋)容疑で逮捕し、発表。「弁解することはない」と認否を留保しているという。   発表によると、平田容疑者は、情報処理会社「エレメントホールディングス」の会長だった2009年4~10月、指定暴力団住吉会系組長らと共謀、債務整理の広告を出して依頼者25人を弁護士に紹介した疑いがある。11年4月にタイに渡り、警視庁が国際手配していたが、19日に帰国した。この事件では、これまでに組長や弁護士ら計9人が逮捕、書類送検され、一部が有罪判決を受けている。

引用:朝日新聞デジタル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加