国際郵便でカナダから大麻を密輸、大麻取締法違反の疑いで日本郵便左京郵便局員西洋一郎と美容院経営三島哲夫の両容疑者逮捕

《2015年5月18日》
京都府警は、国際郵便でカナダから大麻密輸したとして、
大麻取締法違反輸入)の疑いで、日本郵便左京郵便局員西洋一郎(42)=京都市北区と美容院経営・三島哲夫(50)=同=の両容疑者を逮捕したと発表・公表した。

《逮捕容疑の詳細など》
西洋一郎容疑者はカナダに住む知人と共謀し、今年の3月に、
国際郵便で大麻樹脂を三島哲夫容疑者の美容院に発送・配達するなどした疑いがもたれている。

警察の取調べにたいして、西洋一郎容疑者は、
「以前は担当地域の架空の住所に大麻を送り、配達のときに郵便物から抜き取っていた」
などと供述しており、容疑を認めているという。

京都府警によると、
西洋一郎容疑者は三島哲夫容疑者のが経営する美容院の常連の利用客だったとのこと。

日本郵便近畿支社の広報担当の人間は、
「事実関係が明らかになり次第、厳正に処分を行う」
とコメントしている。

日本郵便左京郵便局

大麻密輸容疑で郵便局員逮捕=配達地域に郵送、抜き取る―京都府警

国際郵便を使ってカナダから大麻樹脂を密輸したとして、京都府警組織犯罪対策3課と大阪税関などは18日、大麻取締法違反(密輸)容疑で、左京郵便局(京都市左京区)の局員西洋一郎容疑者(42)=同市北区、同法違反罪などで起訴=ら2人を逮捕したと発表した。西容疑者は、2014年1月〜今年3月に複数回、大麻樹脂を密輸。担当配達地域内の住所と架空の受取人名を宛先として国際郵便を送り、配達中にその宛名の封書を抜き取っていた。 

引用:gooニュース

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加