東京・港区白金台のビルの間で顔に粘着テープとアイマスク、飛び降り自殺した女性の遺体発見

《2015年5月16日・午後1時過ぎ》

東京・港区白金台のビルの間で顔に粘着テープとアイマスクをした30代の女性が死亡しているのが発見された。

女性(顔に粘着テープとアイマスクをした)を発見した、清掃員の女性から、
「ビルの間のフェンスに人が倒れている」
などと110番通報があったという。

通報により、駆けつけた警察官が、ビルの間のフェンスの脇に女性が死亡しているのを発見。
女性の持ち物などから、都内に住む30代とみられているとのこと。

警察の調べによると、
現場に設置されていた防犯カメラに15日午後7時過ぎ、
10階建てビルの外階段を上って屋上に向かう女性の姿が映っていたという。

警視庁は、女性が自らでビルの屋上から飛び降り、自殺を図ったとみて詳しく追求する方針。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加