【東根市神町東1丁目の農業・大沼清一さん方から出火発生】木造2階建て住宅全焼

【2015年5月14日・午前1時35分ごろのこと】

東根市神町東1丁目の農業・大沼清一さん(89)方から出火が発生したとのこと。
木造の2階建て住宅の約340平方メートルが全焼したという。

【出火詳細】
県警村山署によると、
1階の北西にある浴室の天井部分が燃えているのを、農作業の手伝いで帰省していた大沼清一さんの孫娘が発見したようだ。

大沼清一さんは、息子夫婦と3人暮らしをしており、
出火当時は孫娘家族も含めて計5人いたが、全員が逃げて無事だった。
幸いけが人はでていないとのこと。

火事現場は住宅地となり、炎が強風にあおられて、一時騒然となったという。
出火発見から、約3時間5分後に消し止められた。

火事について

火事は思いもよらぬ

今回の火事も思いもよらぬ、予期せぬところからの出火となっただろう。
誰が想像できただろうか。

今回の火事で大沼清一さんの孫娘さんの発見が遅れていたら、大惨事になっていただろう。
民家は全焼したとのことだが、けが人が一人も出ず幸いだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加