長崎県長崎市恵美須町の瓊の浦公園に毛布でくるまれた40代くらいの女性遺体が見つかった

《2015年5月24日・午前6時25分ごろ》

長崎県長崎市恵美須町の瓊(たま)の浦公園にクリーム色の毛布でくるまれた状態で女性の遺体が変死体で発見された事件が起きた。
遺体は40~50代ぐらいの女性で、ほかに目立った外傷は特にみられないとのこと。

遺体の発見は、公園にラジオ体操に訪れた男性から、
「公園に毛布でくるまれた(足が見えている)遺体がある」
などと110番通報があった。

女性の遺体は、公園内の集会所に放置されており、スカートなど着衣の乱れなどはなかったが、靴は履いていなかったとのこと。
死後数日間が経過しているみられ、23日深夜~24日未明にかけて、現場に遺棄されていたようだ。

昨夜の状況などを近隣の住人によると、
「午前1時まで起きてたんですけど、特に音は聞いてないです」
と話している。

警察は、死体遺棄事件として捜査をはじめ、
現在、遺棄された女性の身元の確認や死因についても急いでいる。
また、周辺への聞き込み調査なども行っていくとのこと。

瓊の浦公園は長崎市役所から約200メートルに位置しており、
周辺にはマンションなどの住宅や商業施設が建ち並ぶビジネス街の一帯にある公園。

※追記
公園で発見された遺体は、福岡県内から運ばれ遺棄された可能性が出てきたという。
遺体は福岡の女性ということで、何らかの事件に巻き込まれ、車で運ばれてきたのではないか?とみられており、
現在、長崎県警は福岡県警と連携をとり、複数の女性の知り合いなどから聞き取り捜査を行っているとのこと。

死後数日経過か、長崎市の公園で毛布にくるまれた女性遺体

長崎市の公園で毛布にくるまれた女性の遺体が見つかり、警察では死体遺棄事件とみています。
 24日午前6時半ごろ、長崎県恵美須町の公園の中に、毛布にくるまれた遺体があるのを通行人が見つけ、警察に通報。

引用:TBS NEWS i

現場周辺(長崎県長崎市恵美須町)

足を覗いた状態で…公園で「毛布にくるまれた女性」

恵美須町の瓊の浦公園の中にある集会所の近くで、毛布にくるまれた遺体のようなものを通行人が見つけ、110番通報しました。警察の調べによりますと、遺体は女性で、40歳から50歳とみられ、仰向けで毛布からは素足がのぞいた状態でした。

引用:テレ朝ニュース

公園に毛布にくるまれた“女性遺体”長崎市

24日午前6時25分頃、長崎市恵美須町の公園で通行人の男性から警察に通報があった。公園の敷地の隅の地面に成人女性とみられる遺体が頭から足首まで毛布にくるまれた状態で置かれていた。

引用:日テレNEWS24

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加