大阪市阿倍野区阿倍野筋2丁目のラブホテルで50代男性が全裸の変死体で発見される

【2015年5月22日・午後11時35分ごろのこと】

大阪市阿倍野区阿倍野筋2丁目のラブホテル4階の一室で、
50代とみられる男性が全裸で死亡しているのが発見された。
チェックアウトの時間を過ぎても男性が退室しなかったことから部屋を訪ねた(部屋には鍵はかかっていなかった)従業員が見つけ、110番通報した。

警察の調べ(現場検証)によると、
男性に目立った外傷はないとのこと。

警察は、今後、司法解剖を行い、男性の身元の確認を急ぎ、
さらに、詳しい死因を追求、事件と事故の両面で捜査を進めていくとのこと。

変死体で発見された男性は、22日午前11時ごろ、女性と一緒に入室。
一緒に入室した女性は22日の昼過ぎに、1人で支払いを済ませてホテルを出たという。
その後、従業員により発見された男性は、発見時トイレの前であおむけで倒れており、周辺には争った形跡などはなかったという。

阿倍野のホテルに男性の変死体

22日午後11時45分ごろ、ホテルの一室で、男性が全裸で死亡しているのが見つかり、従業員が110番。阿倍野署は死因や身元の確認を急ぐとともに、事件と事故の両面で捜査。チェックアウトの時刻を過ぎても男性が退室しないため、部屋を訪ねた従業員が発見した。

引用:産経WEST

現場周辺地図(大阪市阿倍野区)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加