大阪市住之江区平林南の大和川河川敷で釣りをしていた男性が口論の末に川野陽春容疑者に包丁で刺される

《2015年5月23日・午後3時50分ごろ、
大阪市住之江区平林南の大和川河川敷で、釣りをしていた大阪市大正区南恩加島の無職男性(51)が、
男性の付近で釣りをしていた男・大阪市西成区梅南=川野陽春容疑者(62)に包丁(刃渡り約28センチ)で左脇腹を刺される》

刺された男性は、すぐに病院に搬送され、さいわい命に別条はない。
駆けつけた住之江署員が、川野陽春容疑者を殺人未遂の容疑で現行犯逮捕したとのこと。

警察の取調べによると、川野陽春容疑者は、
「殺すつもりはなかった」
などと供述しており、殺意を否認している。

包丁で刺した男性とは、当時、何らかの理由から口論になっていたという。
警察では、現在、刺した動機やいきさつなどの調査を進めているとのこと。

現場周辺(大阪市住之江区平林南)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加