中国河南省平頂山市の民間経営の老人ホームで火災、38人が死亡、6人が重軽傷

《2015年5月25日夜(午後8時頃)のこと》

中国・河南省の平頂山市にある民間経営の老人ホームで大規模な火事が起きた。
消防により、火は夜のうちに無事消し止められたとのことだが・・・
この火事の影響により、38人の死亡が確認、6人が重軽傷を負った。
現在は病院で治療を受けているとのこと。

火事の原因については未だ明らかとなっておらず、
一部のメディアなどでは老朽化した電線から出た火が畑に燃え広がり、
その後、建物(老人ホーム)に火が燃え移った可能性があると報じている。

この老人ホームには、100人以上が入居しており、
火災があった建物には自分で歩くことができない人たちが住んでいた。

現在、各メディアが当時の状況や火災の原因などについて詳しい調べを進めているとのこと。

中国・河南省の老人ホームで火災

中国の老人ホームで火災 38人死亡

現地時間の25日午後8時、日本時間の25日午後9時ごろ、河南省平頂山の老人ホームで火災が発生しました。38人が死亡し、6人がけが。この老人ホームでは複数の建物におよそ130人が生活していて、このうち足の不自由なお年寄りなどが生活する建物で火災が起きたという。別の建物にいたお年寄りなどおよそ80人は避難して無事だったという。

引用:NHK NEWS WEB

現場周辺(中国・河南省の平頂山市)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加