繁華街での深夜乱闘で李明岩容疑者ら準暴力団「チャイニーズドラゴン」メンバー4人、指定暴力団山口組系組員、杉山清一容疑者ら3人逮捕

【東京都北区の繁華街で昨年(2014)7月29日に、深夜乱闘】

元々の発端は現場(深夜乱闘・喧嘩)を車で通りかかった杉山清一容疑者の前を李容疑者らが横切ったという。
この交通トラブルから乱闘に発展したという。

この乱闘・喧嘩を見かけた通行人の通報によって、

赤羽署員が駆けつけたが、
既に李明岩容疑者らは逃走しており、
杉山清一容疑者のグループを、警察が任意同行をして事情聴取を行った。

【2015年5月20日・発表】

警視庁組織犯罪対策2課などは、
傷害などの疑いで、中国籍の李明岩容疑者(36)=東京都豊島区上池袋=ら準暴力団「チャイニーズドラゴン」のメンバー4人と、指定暴力団山口組系組員、杉山清一容疑者(46)=埼玉県三郷市彦成=ら3人を逮捕。

ほかに双方のグループの計3人が現在も逃走中という。
この3人についても、未だ同課が行方を追っているとのこと。

【逮捕容疑・詳細】
李明岩容疑者らのは、北区赤羽南の路上において、
杉山清一容疑者らを木の板で殴るなどの暴行を加えたとみらている。
この李明岩容疑者らの暴行によって、杉山清一容疑者は頭蓋骨骨折など6カ月の重傷を負ったという。

杉山清一容疑者らの逮捕容疑については、李明岩容疑者らに体当たりをするなどの暴行を加えたとしている。

警視庁の調べに対して、逮捕された全員(7人はいずれも)は、
「殴っていない」
「覚えていない」
などと供述しており、容疑を否認している。

李容疑者らは「華盛会」と名乗り、
北区や川口市の繁華街で飲食店に用心棒代を要求するなどの活動を活発化させているという。

警視庁は実態解明を進めており、また、今後も暴力団とのトラブルを起こす恐れがあるとみて、現在も警戒を強めている。

東京・北区の繁華街で、中国残留孤児の2世などで作る不良グループ「チャイニーズドラゴン」のメンバーと、山口組系の暴力団員らが乱闘を起こしたとして、双方の合わせて7人が傷害などの疑いで逮捕され、警視庁は北区周辺で活動を活発化させているチャイニーズドラゴンの実態解明を進めています。7人はいずれも容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、チャイニーズドラゴンのメンバーで中国人の李明岩容疑者(36)や、山口組系の暴力団員、杉山清一容疑者(46)ら合わせて7人です。
去年7月、北区のJR赤羽駅近くの路上で男10人が乱闘となり、1人が頭の骨を折るなど4人が重軽傷を負いました。警視庁が防犯カメラを解析するなどして捜査した結果、乱闘は李容疑者のグループと杉山容疑者のグループの通行上のトラブルがきっかけだったことが分かり、7人を傷害や暴力行為の疑いで逮捕し、埼玉県川口市にあるチャイニーズドラゴンの関係先を捜索しました。7人はいずれも容疑を否認しているということです。

引用:NHK NEWS WEB

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加