埼玉県三郷市釆女の市道交差点で子供2人をはね、関口大介容疑者を自動車運転処罰法違反(過失致傷)で逮捕

25日午後3時5分ごろ、
埼玉県三郷市釆女の市道交差点で、ごみ収集車(運転していた関口大介容疑者)が横断歩道を渡っていた岡庭海音君と杉本あかりさんをはね、2人は頭を強く打つなどして病院へ搬送されたが、意識不明の重体とのこと。

埼玉県警吉川署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の現行犯で、
ごみ収集車を運転していた三郷市早稲田の会社員、関口大介容疑者を逮捕。

吉川署による事情聴取の際に、
関口大介容疑者は、

「脇見をしていて気付くのが遅れた」

と容疑を認めている。

三郷市釆女の市道交差点は信号がなく、片側1車線の十字路交差点だった。

岡庭海音君と杉本あかりさんは家が近所の友達同士で、
他の友人2人と自販機に飲み物を買いに行く途中での事故だったようだ。

車を運転するということは、如何なる場合にも注意しなければならない。
今回の様なことは意識すれば無くすことができる事故だろう。

意識不明の岡庭海音君と杉本あかりさんの2人の一命が救われることを本当に祈っている。

子ども2人、ごみ収集車にはねられ意識不明の重体 埼玉・三郷市

埼玉・三郷市で、子ども2人がごみ収集車にはねられ、いずれも意識不明の重体となっている。
三郷市采女(うねめ)で、横断歩道を渡っていた、5歳の男の子と9歳の女の子が、ごみ収集車にはねられた。
現行犯で逮捕された、関口大介容疑者(28)は「速度メーターを見ていて脇見していた」と、容疑を認めている。

引用:FNN

子ども2人がゴミ収集車にはねられ意識不明

三郷市采女の市道で横断歩道を渡っていた保育園児の5歳の男の子と小学4年生の9歳の女の子が左から走ってきたゴミ収集車にはねられました。
この事故で5歳の男の子は頭を強く打ち、9歳の女の子は顔の骨を折る大けがをして、2人とも意識がない状態で病院に運ばれ、手当てを受けています。
ゴミ収集車を運転していた三郷市早稲田の会社員、関口大介容疑者(28)を過失運転傷害の疑いで逮捕。
関口容疑者は「速度メーターを見ていて子どもに気付くのが遅れた」と話しているという、警察が事故の詳しい状況を調べています。

引用:NHK NEWS WEB

●ツイッターによる反応●

  • このエントリーをはてなブックマークに追加