さいたま市見沼区の住宅で口論の末に夫の島村英作容疑者が妻の愛子さんの首を絞めて殺害

◆2015年6月6日の発表◆

5日午後7時すぎ、さいたま市見沼区の住宅で79歳の夫・島村英作容疑者が、
75歳の妻・島村愛子さんの首を絞めて殺害。

島村英作容疑者が警察に逮捕された。

警察の取り調べに対して、島村英作容疑者は、
「妻と口論になって、カッとなって手で首を絞めた」
などと供述しており、おおむね容疑を認めている。

発見は、この家の長男(52)が、
「自宅へ帰ったところ、母が倒れている」
と110番通報。

この通報により、警察が駆けつけたところ、
この家に住む島村愛子さんがあおむけに倒れており、
早急に病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

現場周辺(さいたま市見沼区)

老々介護の果て・・・首を絞めて殺害

妻の愛子さんを絞殺の疑い、79歳夫・島村英作容疑者逮捕

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加