埼玉県川口市の自宅マンションで園田明子さん殺害、自殺した石塚幸信を被疑者死亡で書類送検

《川口市内のマンションの一室でパート従業員・園田明子さん(当時(59))が他殺体で発見された》

2015年5月14日、川口署捜査本部は、強盗殺人・死体遺棄・住居侵入・窃盗の疑いで、園田明子さんの長女の知人で3月に死亡が確認されている住所不定=無職・石塚幸信容疑者=死亡時(30)を被疑者死亡のままさいたま地検に書類送検した。

送検容疑は、2015年3月3日、
川口市並木2丁目の園田明子さん方に侵入し、
凶器を用いて園田明子さんの頭部などを何度も何度も殴り殺害したとのこと。
その際に、現金20万円やキャッシュカード、携帯電話、指輪などの貴金属を奪ったなどの疑いがみられている。

捜査本部によると、
石塚幸信容疑者は同4日以降、
園田明子さん方から盗んだ貴金属を買い取り業者で換金していたという。
県内や都内コンビニの現金自動預払機(ATM)9カ所から現金300万円以上を引き出していたとのこと。

一方で、石塚幸信容疑者は3日と4日に、園田明子さんの20代の長女から借りていた40万円を返済していた。
引き出した現金を、川口市周辺のホテル宿泊代や遊興費に使用していたという。
同15日に、石塚幸信容疑者は、千葉県内のホテルで自殺していたことが明らかとなった。

県警は3日・午後6時前、
石塚幸信容疑者から園田明子さんに電話した履歴などがあることから、殺害した日時を3日夜と推定。

県警は石塚幸信容疑者が借金を返済するため、園田明子さんを殺害したとみており、強盗殺人容疑を適用した。
マンション一室のベッド脇に横たわった遺体の上に、布団がかぶせてあったことなどから死体遺棄容疑でも立件した。

事件後死亡の男を書類送検へ 埼玉・川口の強盗殺人

埼玉県川口市のマンションで今年3月、住人の女性が他殺体で見つかった事件で、県警は、女性の知人とみられ事件後に死亡した無職の男(当時30)について、強盗殺人などの疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針を固めた。

同居する長女から「母の行方がわからない」と相談を受けた川口署員が同月13日に室内で遺体を発見し、県警は殺人事件とみて同署に捜査本部を設置。男が、園田さんの銀行口座から現金を引き出す様子が防犯カメラに映っていたことなどから、県警が行方を捜していたところ、同15日に千葉県内で遺体で見つかった。県警は、現場の状況などから自殺とみている。

引用:朝日新聞デジタル

現場周辺地図(埼玉県川口市)

川口市女性殺害、自殺した男を書類送検

警察のその後の捜査で、事件の後、千葉県内で自殺しているのが見つかった知人で無職の石塚幸信容疑者(当時30)が、園田さんの頭を複数回、鈍器のようなもので殴り、現金およそ20万円と指輪などの貴金属を奪った疑いが強まったとして、容疑者死亡のまま書類送検しました。

 警察によりますと、石塚容疑者は事件翌日に、埼玉県内の買取業者に指輪などの貴金属を売却し、交際していた園田さんの長女から借りていたおよそ40万円をほぼ返済していたということです。

引用:TBS NEWS i

  • このエントリーをはてなブックマークに追加