【認知症の父親が暴れるなどを理由に猿ぐつわ】長男西谷昇・妻早苗両容疑者を逮捕・送検

【2015年5月7日】
神戸西署は、認知症の父親が暴れるなどを理由に猿ぐつわをしたとして、長男の会社員西谷昇容疑者と、妻の早苗容疑者を逮捕、送検した。
救急隊員が到着した際、容疑者の父親は既に死亡していたという。

【逮捕容疑詳細】
2人(西谷昇容疑者・早苗容疑者)の逮捕容疑
5日午後8時半~6日午前5時ごろまでの間に、父(西谷喜久男さん)に、タオルのようなもので猿ぐつわをしたうえ、手足を縛った疑いがもたれている。

西谷昇・早苗両容疑者は、警察の調べに対して、
「認知症で大声を出したり暴れたりするのを止めるために縛った」
などと供述し、容疑を認めているとのこと。

喜久男さんは両容疑者と3人暮らし。
6日午前5時20分ごろ、西谷昇容疑者が「父が亡くなったかもしれない」と消防に自らで通報したことで発覚。

司法解剖の結果、直接的な死因は不詳だが、男性(容疑者の父親)の遺体の顔や喉に傷痕があったという。

現在、警察では、2人が日常的に暴行があったかということについても含めて、調査を進めていく方針。

父に猿ぐつわ 容疑で長男ら逮捕、神戸西署 男性その後死亡

神戸西署は、長男の会社員西谷昇容疑者(29)=神戸市西区森友=と、男性の妻早苗容疑者(59)=同=を逮捕の疑いで逮捕、送検した。男性は既に死亡しており、同署が因果関係を調べている。

引用:ヤフーニュース

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加