『ブロッケンの妖怪』佐々木希舞台デビュー、竹中直人×生瀬勝久”4年振り竹生企画”

女優の佐々木希(27)が、10月から上演される『ブロッケンの妖怪』で、初舞台に挑戦することが13日発表された。

佐々木希は、
「私が舞台に立つ日がくるなんて、夢にも思いませんでした」
と緊張の様子だった。

しかし、
「キャストの皆さまからたくさんのことを吸収したいと思います」
と意気込んでいる。

ブロッケンの妖怪のキャスト陣は、俳優の竹中直人(59)と生瀬勝久(54)。

同作は、この2人によるタッグ「竹生企画」の4年ぶりとなる第2弾作品となる。
前作に続き人気劇作家・演出家の倉持裕氏が作・演出を手がけるホラー・コメディーだ。

動画配信サービスエンタメまとめ

佐々木希、10月に舞台デビュー「今から緊張」 竹中&生瀬タッグ再び

女優の佐々木希(27)が、10月から上演される『ブロッケンの妖怪』で、初舞台に挑戦することが13日、わかった。「私が舞台に立つ日がくるなんて、夢にも思いませんでした」と緊張する佐々木だが、「キャストの皆さまからたくさんのことを吸収したいと思います」と意気込んでいる。

 同作は、俳優の竹中直人(59)と生瀬勝久(54)によるタッグ「竹生企画」の4年ぶりとなる第2弾作品で、前作に続き人気劇作家・演出家の倉持裕氏が作?演出を手がけるホラー・コメディー。絵本作家の打越(竹中)と担当編集者の黒柳(生瀬)が、取材のために訪れた霧に包まれた孤島で遭遇する不思議な物語を描く。佐々木は、孤島の洋館の娘・小真代を演じる。

 ドラマ『ファースト・クラス』や『黒服物語』、映画『さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-』など、最近は多くの作品に出演する佐々木だが、初舞台には「今からとても緊張しております」とプレッシャーを明かす。しかし、竹中とはドラマで何度も共演しており、生瀬ともバラエティー番組で共演した経験があるため「けいこ場でもたくさんお話しできたらと思います」と、頼れる先輩と同じ舞台に立つことを心待ちにしている。

 竹中は『黒服物語』で共演した佐々木を振り返って「無限の可能性を感じました。きっとコメディーセンスも持っている女優だと思うのでかなり期待しています」と語り、「初舞台だからと恐れず思い切って演じてほしいと思っています」とエール。生瀬も「同じ俳優ですので偉そうなことは言えませんが、舞台を好きになっていただきたいです」と期待を寄せた。

 同舞台はそのほか大貫勇輔、田口浩正、高橋惠子らが出演。10月下旬から東京・シアタークリエ、シアター1010をはじめ全国各都市で公演予定。

引用:オリコン(ヤフーニュース)

佐々木希、初の舞台出演! 竹中直人&生瀬勝久タッグ第二弾!

俳優の竹中直人、生瀬勝久が舞台で共演する「竹生企画」の第二弾作品『ブロッケンの妖怪』に佐々木希が出演する。佐々木は舞台初出演となる。

 同公演は、2011年に竹中直人、生瀬勝久という個性派ユニット「竹生企画」の第二弾。第一弾『ヴィラ・グランデ 青山~返り討ちの日曜日~』から4年経った今秋、2人が再びタッグを組むこととなった。

 ストーリーの舞台は孤島。絵本作家の打越(竹中直人)、担当編集者の黒柳(生瀬勝久)は小さな孤島を訪れる。打越には放浪癖と浮気性があり、心配する打越の恋人もやって来た。孤島にぽつんと建っている大きな洋館には、虹子(高橋惠子)という女と娘の小真代(佐々木希)、使用人の稲井(大貫勇輔)が暮らしており、生活必要品は船乗りの泊(田口浩正)が本土から運んでくる。竹中演じる打越達はこの島で目撃される「ブロッケン現象」を取材しに来たのだった。それは、霧の濃い日に、洋館の影が霧に映り、海の上にもう一つの洋館が現れるというもの。謎めいた母娘の住む洋館、そして打越はある日、その洋館の影にあるものを見つける……というもの。

 こうしてストーリーを聞くと「ホラー?」と思ってしまうが、不気味な要素もありつつ、笑って楽しめる「ホラーコメディ」なのだそう。竹中、生瀬をはじめ個性豊かなキャストと、人気劇作家・演出家の倉持裕が作り上げる、新しい「ホラーコメディ」に期待が集まる。

 また、注目は舞台初出演となる佐々木希。テレビコマーシャルやドラマなど、女優業としてすでに活躍しているが、舞台という新たな挑戦と、竹中&生瀬らとの化学反応も気になるところ。

 今回の公演に竹中は、「再び生瀬さんと舞台を共にすることは もう今から怖いです。ますますパワーアップした生瀬さんが目を剥いて迫ってきそうで… 何とか踏ん張って受け止めようと思っています。今回倉持さんの描く世界は ホラーという事でホラーが大好きな僕は今からかなりテンションが上がっています!!佐々木希さんは昨年のドラマで共演させて頂き 無限の可能性を感じました。きっとコメディセンスも持っている女優だと思うのでかなり期待しています。初舞台だからと恐れず思い切って演じて欲しいと思っています」とコメント。

 一方の生瀬は、「竹生企画は私からのラブコールで始まった企画ですので、また全力で先輩の胸をお借りして、素敵な舞台を創りたいと思っています。作・演出の倉持さんには全幅の信頼を寄せています。あとは作品を俳優がどのように具現化するのか、それにつきますので、気を引き締めて頑張ります。佐々木希さんの初舞台については、同じ俳優ですので偉そうなことは言えませんが、舞台を好きになって頂きたいです」と竹中と同じく期待を寄せた。

 そして初舞台の佐々木希は、「私が舞台に立つ日がくるなんて、夢にも思いませんでした。今からとてもとても緊張しております。お芝居もまだまだ未熟な私ですが、竹中さん、生瀬さんを始めとするキャストの皆様から沢山の事を吸収したいと思います」と意気込みを語る。また、竹中&生瀬とのエピソードについて、「竹中さんとは私の連ドラ初出演の時にご一緒でき、今回の初舞台でも共演させて頂けることにご縁を感じています。尊敬する多才な方ですが、撮影の合間は、お茶目で気さくで魅力的で、またお会いできると思うと楽しみです。生瀬さんとは最近バラエティ番組の収録現場でご一緒させて頂き、周りの方とも自然にコミュニケーションを取っていらして、優しくて素敵な方だと感じました。稽古場でもたくさんお話しできたらと思います」と話し、初舞台を心待ちにしている様子。

 舞台『ブロッケンの妖怪』は作・演出:倉持 裕、出演:竹中直人、生瀬勝久、佐々木希、大貫勇輔、田口浩正、高橋惠子ほか。公演日程:2015年10月下旬~12月中旬、シアタークリエ、シアター1010ほかで各地公演予定。

引用:ライブドアニュース

[佐々木希]舞台初挑戦 「今からとてもとても緊張」

女優でモデルの佐々木希さんが、10月下旬に上演される舞台「ブロッケンの妖怪」に出演することが14日、明らかになった。佐々木さんが舞台に挑戦するのは初めてで「私が舞台に立つ日がくるなんて、夢にも思いませんでした。今からとてもとても緊張しております」とコメントを寄せている。

 「ブロッケンの妖怪」は、竹中直人さんと生瀬勝久さんがタッグを組んで話題になった「ヴィラ・グランデ 青山~返り討ちの日曜日~」(2011年上演)に続く“竹生企画”の第2弾。第1弾に続き倉持裕さんが作、演出を手がける。孤島を舞台に、絵本作家の打越(竹中さん)と担当編集者の黒柳(生瀬さん)が、謎めいた母娘の住む洋館の陰に、あるものを見つける……という展開。佐々木さんは洋館に住む娘の小真代を演じ、高橋恵子さん、田口浩正さん、大貫勇輔さんらも出演する。

 佐々木さんは「お芝居もまだまだ未熟な私ですが、竹中さん、生瀬さんをはじめとするキャストの皆さまからたくさんのことを吸収したいと思います」と意気込んでいる。

引用:まんたんWEB(マイナビニュース)

◆ツイッターによるみんなの反応と期待は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加