【警視庁捜査2課が詐欺の疑いで公開手配・宮田信一容疑者】新聞勧誘員を装い購読を勧めて代金を騙し取る

【2015年5月15日】

警視庁捜査2課は、新聞勧誘員を装い、購読を勧めて代金を受け取った後に逃げる手口で、
少なくとも190人から合わせて230万円以上を騙し取ったとみられる男(住所・職業不詳・宮田信一容疑者(58))を公開手配。

警視庁によると、
詐欺の疑いで公開手配された宮田信一容疑者は、
今年(2015)2月、東京・江東区の集合住宅の女性=看護師(44)に対して、

「契約してくれたらプロ野球のチケットを秘密でプレゼントします」
「購読している新聞を契約更新して1年間取ってくれればスポーツ紙も1ヶ月1000円でいい」

などと勧誘していたという。

また、
「(契約代金の)領収書は後で持ってきます」
などとウソを言い、購読料として1万2000円をだまし取った疑いが持たれている。

警視庁は、宮田容疑者が少なくとも190人から合わせて230万円以上を騙し取っていたとみらている。
さら、同様の被害が2009年以降から、東京都内で約350件確認されているとのこと。
宮田容疑者は350件のうち、190件に関与したとみられる。

現在、公開指名手配を行って行方を追っている。

新聞購読料詐取:容疑者を指名手配…警視庁

宮田容疑者は複数の新聞のセールススタッフとして登録していた時期があるといい、身長170センチ前後で色黒、前歯が欠けている。情報提供は警視庁葛飾署(03・3695・0110)まで。

引用:毎日新聞

新聞購読料名下詐欺(売り付け)被疑者の手配

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加