道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで静岡県沼津市立病院医師の阿部謙一容疑者を逮捕

【2015年5月18日】
静岡中央署は、
道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、沼津市東原=沼津市立病院医師の男・阿部謙一容疑者(46)を現行犯逮捕。

沼津市立病院によると、
今回、逮捕された容疑者の阿部謙一容疑者は麻酔科医長を努めており、同日は出勤予定だったという。

沼津市立病院病院の管理課は、
「現時点で事実確認ができていないため、(酒気帯び運転が)事実であるならば厳正な処分を検討する」
とコメントしているとのこと。

《詳しい逮捕容疑》
同日(18日午前)の午前7時ごろに、静岡市駿河区森下町の市道で乗用車を酒気帯びで運転した疑いがもたれている。
同署によると、パトロール中の署員が職務質問したところ、基準値以上のアルコール指数を示したため、飲酒運転が発覚した。

沼津市立病院の医師 酒気帯びで車を運転(静岡県)

沼津市立病院の医師が酒気帯び運転の現行犯で逮捕。逮捕されたのは沼津市立病院麻酔科担当の医師阿部謙一容疑者46歳。警察の調べによると阿部容疑者は午前7時過ぎ、静岡市駿河区森下町で酒気帯びの状態で車を運転しているところを警察官にみつかり現行犯逮捕された。阿部容疑者が勤務をしている沼津市立病院によると阿部容疑者は前日は休みで18日は午前8時半から勤務の予定だった。今回の逮捕について沼津市の栗原市長は「極めて重大な不祥事であり今後、詳細を確認し厳正に対処する」とコメントしている。

引用:だいいちテレビ

阿部容疑者が勤務する沼津市立病院

ツイッター

ストリートビュー(沼津市立病院)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加