サントリー南アルプス天然水ヨーグリーナー販売中止、レモンジーナに続く、あおり商法か

ヨーグリーナ

4月17日サントリー食品インターナショナルは、
水系飲料「サントリー南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」の出荷を停止することを発表した。

14日に発売したが、出荷量が想定を上回り、生産が追いつかないことが理由となる。

1日に、果汁入り炭酸飲料の「レモンジーナ」の販売一時休止を発表したばかりで、メーカーとしての供給責任が大きく問われるだろう。

サントリーグループでは2014年にも梅酒で販売が追いつかず、販売を休止した。

インターネット上では消費者の購買意欲をあおる、
「飢餓商法」「あおり商法」
と疑う見方も出ている。

短期間のうちに2回の販売休止という事態に批判の声が挙がっていることも仕方がない。

サントリー、また出荷停止 今度は「天然水」
発売3日、注文に追いつかず

サントリー食品インターナショナルは17日、14日に発売した清涼飲料「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」の出荷を停止すると発表した。小売店などからの注文に対して、生産が追いつかないことが理由。供給を安定するために生産体制を見直す。同社は2日に同様の理由で「レモンジーナ」の出荷を停止している。類似の事例が相次いでいることを受け、17日午前に東京都内で食品事業本部長の小郷三朗副社長が記者会見を開く。

引用:日本経済新聞(日経QUICKニュース)

サントリー、ヨーグルト味天然水も「売れすぎで一時販売中止」 まるで”あおり商法”

サントリー食品インターナショナルは17日、水系飲料「サントリー南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」の販売を一時中止することを明らかにした。14日に発売したが、出荷量が想定を上回り、生産が追いつかないため。1日に、果汁入り炭酸飲料の「レモンジーナ」の販売一時休止を発表したばかりで、メーカーとしての供給責任が大きく問われることになる。

 同社によると、14日発売のヨーグリーナは、4月中に120万ケースの販売を予定していた。しかし、発売3日で、これを大きく上回り、今後安定的な供給ができないため、販売を休止した。17日午前に会見を開き、説明する。

 今月に入り、レモンジーナに続き2回目の販売休止。新商品の発売段階から販売店のコーナーを確保するために、大型キャンペーンを展開するために、通常よりも多めに供給するが、それに生産が追いつかないという構図が背景にある。

 サントリーグループでは昨年にも梅酒でも販売が追いつかないため販売を休止したことがあった。ネットなどでは消費者の購買意欲をあおる「飢餓商法」「あおり商法」と疑う見方も出ている。短期間に2回の販売休止という事態に批判は免れない状況だ。

引用:ヤフーニュース(産経新聞)

『南アルプスの天然水&ヨーグリーナ』関連記事

透明なのにヨーグルト味! サントリーが「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」を4月14日発売

サントリー食品インターナショナルは、「サントリー天然水」ブランドの新たなラインナップとして、「サントリー南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」を4月14日から全国で発売する。

【ヨーグルト無関係の「ヨーグルト女王」も選ばれる!- ブルガリアのヨーグルト祭り】

同社は、「サントリー天然水」ブランドで、「サントリー南アルプスの天然水」「サントリー南アルプスの天然水 スパークリング」「同 レモン」「サントリー南アルプスの天然水&朝摘みオレンジ」などを発売する。

今回、同シリーズに、透明でありながらヨーグルトのコクとすっきりした甘みをもつヨーグルト味のフレーバーウォーター「サントリー南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」を発売する。

同社は、透明でありながらヨーグルトのコクとすっきりしたあと味を両立させるために、牛乳由来のミネラルやアミノ酸を含む透明素材“ホエイ(乳清)”に着目した。「南アルプスの天然水」をベースに、“ホエイ(乳清)”の乳酸菌発酵液を絶妙にブレンドして、水のように透明であと味すっきりで、ヨーグルトの味わいを両立した。ヨーグルト独特の香りもする。

発売前のモニタリング調査では、「透明なのに想像以上にヨーグルトの味がしてびっくりした。おいしい。」「朝や仕事中にも良さそう。」などの反応があったという。

515mlペットボトルは124円、280mlペットボトルは115円。いずれも税別。

引用:マイナビウーマン

【ツイッターでの反応はどう?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加