大麻取締法違反の疑いで大阪市城東区佐藤大作(大麻おじさん)容疑者を逮捕

大麻栽培

27日、近畿厚生局麻薬取締部への取材により、

自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反の疑いで、
大阪市城東区蒲生・無職佐藤大作容疑者を現行犯逮捕していたことがで明らかとなった。
逮捕日時は3月9日となる。

佐藤大作容疑者は大麻草とみられる植物を栽培したり吸引したりする様子を動画や写真で記録。
その動画・写真をインターネット上にに掲載し、
「大麻おじさんです」などと書き込みをしていたという。

近畿厚生局麻薬取締部は書き込みをもとに3月9日、

佐藤大作容疑者の自宅マンションを捜索したところ、『乾燥大麻約1キロや液体大麻約1グラム』『大麻草142株』を押収した。
室内にライトを設置し、鉢植えで大麻草を栽培していた。
目的は本人自らが使うだったとみられている。

大阪地検は3月30日、大麻取締法違反(所持)罪で起訴。
取締部は4月27日までに、同法違反(栽培)と、覚せい剤取締法違反(所持、使用)の疑いで追送検。

佐藤大作容疑者は、
「捕まっても仕方がない」
「悪いことだと思っていない」
などと話しているのが取材より伺える。

本人がそう話している以上、
反省の色が全く伺えない・・・

大麻には様々な危険性があり、それは周りにいる人間にもあらゆる影響があるということもある・・・

大麻吸引の動画ネット公開、自宅では栽培してない

大麻草の栽培方法や自ら大麻を吸引する動画をインターネット上で公開していた39歳の男が、大麻取締法違反の疑いで近畿厚生局麻薬取締部に逮捕され、起訴されていたことが分かりました。

 佐藤大作被告:「(Q.大麻を栽培している?)向こう(自宅)ではしていないですよ。前はしていたけど」
 大阪市の佐藤被告は、大麻草を栽培した疑いなどで逮捕され、すでに起訴されています。乾燥大麻1kgや大麻草142株が押収されました。佐藤被告はネットで大麻草の栽培方法や大麻を吸引する動画を発信していました。
 佐藤大作被告:「捕まっても仕方がないと思って生きている。基本的に悪いことではないと思っている。自分で作ったやつをただ食べているだけという感覚」
 大麻は、妄想や異常行動などを引き起こすだけでなく、他の違法薬物に導く危険性も指摘されていて、佐藤被告は覚醒剤を使用した疑いも持たれています。

引用:ヤフーニュース(テレ朝ニュース)

ツイッターに栽培写真=大麻所持容疑で男逮捕―近畿厚生局

自宅に大麻を所持していたとして、大阪地検は27日までに、大麻取締法違反罪で、大阪市城東区蒲生、無職佐藤大作被告(39)を起訴した。同被告は短文投稿サイトのツイッターに大麻草の栽培写真を掲載し、「俺が(大麻)解禁の人柱になったるねん」「懲役覚悟」などと書き込んでいた。

 起訴状によると、佐藤被告は3月9日、自宅マンションの一室で乾燥大麻約1キロと液体大麻約1グラムを所持したとされる。

 ツイッターの書き込みなどから、近畿厚生局麻薬取締部が佐藤被告宅を家宅捜索し、乾燥大麻を発見。同日、現行犯逮捕した。

 室内からはこの他、覚せい剤約1グラムも見つかり、尿検査で陽性反応が出たため、同部が覚せい剤取締法違反容疑で追送検している。 

引用:ニコニコニュース(時事通信)

★★★この事件についてツイッターによる世間の反応はどう?★★★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加