千葉市内の千草台東小学校の給食にタバコのフィルターや葉っぱの混入が見つかる

【2015年5月11日・昼過ぎ】

千葉市内の小学校(千草台東小学校)の給食にたばこの一部(フィルターや葉っぱ)の混入が発見された。
現在、保健所などが混入の経緯などの調査を行っているとのこと。

千葉市教育委員会によると、
千葉市稲毛区にある千草台東小学校の5年生のクラスで、
児童が配膳していた給食のごはんの中からたばこのフィルターが発見さてた。

さらに6年生のクラスでは、
ご飯を食べた児童から、
「たばこの葉が混入していた」
との報告があり、6年生の男子児童1人が一度は口にして吐き出したとのこと。
また、因果関係は不明だが、口にした児童は、目の充血と鼻血の症状があった。
現在は、回復しているという。

千草台東小学校(児童数334人)のうち、全12クラスのうち8クラス約200人が、この日の給食を食べた。

保健所などがご飯を納入した県内の納入業者(油信製菓所(大網白里市))に立ち入り調査を行い、タバコのフィルターや葉っぱの混入の経緯を調査する一方で、業者は警察に相談したとのこと。

給食の麦ごはん、たばこ1本分?混入 千葉の小学校

自校給食だが、炊かれたごはんは油信製菓所(大網白里市)から納入されていた。異物は、たばこ1本分ほどの量だったという。
13日、山武健康福祉センターと炊飯前の米を業者に納入する県学校給食会が同製菓所に立ち入り調査した。調査内容などから、市教委は異物は炊飯後、学校に配送されるまでに混入した可能性があるとみている。同小を含め、市内の9小中学校への同製菓所からの納入を15日から停止する。

 一方、同製菓所は13日、東金署に通報しており、事件性の有無などを判断してもらうという。

引用:朝日新聞デジタル

小学校の給食からたばこ 千葉市、男児が一時不調訴え

5年生の1クラスでも配膳前に米飯にたばこのフィルターが混じっているのが見つかった。すぐに給仕を中止し、校内放送でも呼び掛けたが、間に合わず6年生の男子児童らが食べてしまったという。
 この業者は県内の28校に米飯やパンなどを納入しており、県学校給食会は業者の納入を15日以降停止。保健所とともに立ち入り調査を実施し、たばこが混入した経緯などを調べている。

引用:スポニチアネックス

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加