千葉県市原市ちはら台西の交差点で信号待ちの車に千葉明徳短期大学附属幼稚園送迎バスが追突

【2015年5月18日・午前8時40分ごろ】

市原市ちはら台西の市道交差点で、
前方で信号待ちで停車中の会社員女性(43)が運転する乗用車に千葉明徳短期大学附属幼稚園(千葉市中央区南生実町)の送迎バス追突したとのこと。

市原署の調べによると、バスを運転していた男性職員(68)は、
「(事故当時)考えごとをしていた」
などと供述しており、容疑を認めているという。

この追突事故により乗用車を運転していた女性が首に軽いけがを負ったという。
送迎バスには園児男女22人を含む24人が乗車していたが幸い誰一人として無事けがはなかったとのこと。

同署は送迎バスを運転していた男性を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで書類送検する方針。

幼稚園バス車に追突 市原

市原市ちはら台西2の市道で、幼稚園の送迎バスが、前方で信号待ちをしていた乗用車に追突。乗用車の会社員女性(43)=同市=が頸椎(けいつい)捻挫の軽傷を負い、送迎バスの男女の児童22人と運転手男性(68)=八街市=、教員女性(46)=我孫子市=にけがはなかった。市原署は事故原因を調べている。送迎バスは千葉市内の幼稚園に向かう途中で、運転手男性は事故当時の状況について「考え事をしていた」と説明。

引用:ちばとぴ

現場周辺(市原市ちはら台西)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加