借金トラブルで知人男性に暴行、約200万円を奪った星野晶行と花澤紀夫両容疑者を強盗傷害容疑で逮捕

【千葉県旭市】
借金トラブルにより、知人の男性(58)に暴行を加え、現金約200万円を奪ったとして男2人(星野晶行容疑者(37)・花澤紀夫容疑者(38))が強盗傷害の容疑で逮捕された。

《2015年5月9日》
星野晶行容疑者・花澤紀夫容疑者ら2人は、
旭市蛇園の雑木林で、知人の男性に暴行を加え、肋骨(ろっこつ)を折るなどして、現金約200万円などを奪った疑いが持たれている。

星野晶行容疑者・花澤紀夫容疑者ら2人は、警察の取り調べに対して、
「男性から借金をしていてトラブルになった」
と供述しており、容疑を認めているという。

この知人男性は暴行された後、木に縛り付けられたという。
大声で助けを求めたため、その声を聞いた通行人に発見されたとのこと。

「借金トラブルで・・・」強盗傷害で男2人逮捕

現場周辺付近(千葉県旭市蛇園)

事件《星野晶行容疑者・花澤紀夫容疑者が強盗傷害》について

借金トラブルにより事件とのことだが、
お金を借りた相手に対して、肋骨が折れるほど殴り、
最終的に木にくぐりつけるというのは、どう考えてもおかしな行動だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加