栃木県足利市八幡町自宅アパートで父親高谷明容疑者が2歳の長男・永遠ちゃんを暴行を加え殺害か

◆先月(2015年5月)に、栃木県足利市八幡町の自宅アパートでの出来事◆

父親・無職=高谷明容疑者(46)が2歳の長男(高谷永遠(とわ)ちゃん)の背中を殴り、
テーブルに腹を打ちつける暴行を加えて死亡させたとして、
傷害致死の疑いで逮捕

警察の調べに対して、高谷明容疑者は、
「(永遠ちゃんの背中を)叩いたが、しつけのつもりだった」
と供述している。

警察の調べ(現場検証など)によると、
翌日の昼すぎごろ、永遠ちゃんの意識がなく、ぐったりしていることに高谷明容疑者と妻が気付き、
永遠ちゃんを病院に連れて行きましたが、腹部を強打、まもなく死亡が確認された。

《警察によるこれまでで分かっている調べや事故状況など》

病院からの通報により、警察は捜査を進めていたとのこと。

高谷明容疑者は当時、妻と子ども2人の4人で暮らしており、

暴行があった日の夕方に、(夫婦げんかによる)近隣から通報で、警察官が自宅を訪れた際には酒を飲んでいたとみられるという。

現在、警察では、永遠ちゃんが死亡した経緯などをさらに追求して、詳しい調べを進めている。

躾(しつけ)と虐待(ぎゃくたい)

しつけとは

人間、又は家畜の子供、又は大人が、人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合う様に、立ち振る舞いができるように、訓練することなど

虐待とは

自分の保護下にあるもの(ヒト、動物等)に対して、長期間に渡り、暴力をふるう、日常的に嫌がらせや無視(シカト)などの行為など

現場周辺(栃木県足利市八幡町)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加