東京都葛飾「イトーヨーカドー四つ木店」で自営業の男性が無職の男に腕を包丁で刺される

《2015年5月22日・午後8時ごろ》

東京都葛飾区四つ木のスーパー「イトーヨーカドー四つ木店」において、
買い物をしていた自営業の男性(23)が同区立石に住む無職の男・中野道幸容疑者(50)に腕を包丁刺される事件が起きた。
自営業の男性は左腕を2カ所刺され、1カ月の重傷を負ったとのこと。

男性は地下1階のフードコートで買い物中に、中野道幸容疑者と目が合い、その後に追われて、
エスカレーターで1階に上がったところで刺された。

男性は近くの警視庁葛飾署に逃げ込み、
包丁を持って追い掛けてきた男を署員が玄関付近で取り押さえ、
殺人未遂と銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕に至った。

警察の調べによると、中野道幸容疑者は、
「やったのは間違いない」
などと供述しており、容疑を認めているという。

さらに、
「(被害男性が)うす笑いした」
と話しているという。

加えて、中野道幸容疑者は支離滅裂なことも話しており、
詳しい動機や責任能力の有無などの調査を進めていく方針。

現場周辺地図(葛飾区四つ木)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加