東京都大田区でタクシー運転手の伊藤隆行容疑者が母親フミ子さんを殺害「一家心中する気だった」

2015年5月30日・警視庁大森署は、実母を殺害したとして、
東京都大田区大森西3の職業・タクシー運転手の伊藤隆行容疑者(44)を殺人容疑で逮捕したと発表。

大森署の取調べによると、伊藤隆行容疑者は、
「生活苦で(母親を殺して)心中しようとした」
などと供述しており、容疑を認めているという。

《逮捕容疑の詳細など》

◆5月26日夕方ごろのこと◆
自宅マンションで木炭を燃やし、一酸化炭素中毒で母親の無職・伊藤フミ子さん(74)を殺害

伊藤隆行容疑者は同月28日の午前3時20分ごろに、
警察を訪れ、自ら出頭し、
「母を殺しました。自分は死にきれず出頭しました」
などと話していたとのこと。

《伊藤隆行容疑者の動機やいきさつ(経緯)など・これまでの大森署の調べ》

伊藤隆行容疑者は、母親のフミ子さんと2人暮らしだった。
27日に引き落とされる生活費を工面するため、26日にカードローンで現金を借りようとしたところで、お金が借りれずに、フミ子さんに心中の話を持ちかけたとのこと。

現場周辺(伊藤容疑者の自宅周辺など)

心中とは

本来の意味としては、「相思相愛の仲にある男女が双方の一致した意思により一緒に自殺または嘱託殺人する」
ことなどを指すが、現代では様々な心中があり、幅広くなっている。

・無理心中
・一家心中
・ネット心中
etc.

今回の事例で当てはまる心中は、おおよそ一家心中とみられる

一家心中

一家そろって自殺する事で、家族心中・親子心中などとも一般的にいう場合が多い

ギャンブルや異常浪費でサラ金(消費者金融)からの多額の借金を抱える多重債務、生活弱者家庭(一人親家庭・母子家庭など)・障害者と同居・高齢者と子供(満15歳未満))における生活保護費の減額による生活苦に陥って心中する事例などもある

さらに、近年では介護疲れや生活苦による高齢者の親子や夫婦による一家心中などのように多様化がみられるのが現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加