【川崎市川崎区大島の市道で大型トラックがひき逃げ】20代男性が死亡

【2015年5月13日・川崎市・午前3時半過ぎ】
川崎市川崎区大島の片側2車線の市道で、13日未明、20代の男性が大型トラックにはねられて死亡したという。
トラックはその場から走り去っていて、警察がひき逃げ事件として捜査中。

【事故・内容】
目撃者からの、
「男性が大型トラックにはねられた」
「大型トラックがひき逃げをした」
と110番通報が入ったという。

警察によると、
はねられたのは20代の男性で、
すぐに、病院に搬送されたが、男性は全身を強く打っており、その後、間もなく死亡が確認された。

20代の男性は車道のセンターライン付近を歩いていたところ、
後ろから来たトラックにはねられたということです。

さらに、この事故・事件を目撃した人からは、
「(男性)歩行者がふらつきながら道路を横断していた」
と話しているという。

トラックは走り去っており、逃走していると考えられ、
現在、警察は男性の身元の確認を進めるとともに、ひき逃げ事件として捜査を進めているとのこと。

車道歩いていたか 20代男性が“ひき逃げ”され死亡

川崎市でひき逃げ、20代男性が死亡

現場周辺地図(川崎市)

大型トラックがひき逃げ

事故というものは、予期せず起きるものなのだから、仕方ない部分もある。
不注意、わき見運転など、原因は様々だろう。

しかhし、問題はその後の行動ではないだろうか?
ひき逃げ・・・逃げるということが問題だろう。人を轢いて怖くなるという気持ちも分からなくもないが・・・
救助が早ければ助かる命もあるというものだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加