千葉県流山市南の交差点で大学生7人グループが乗車するワゴン車とトラックが衝突して炎上

2015年5月24日・午前9時ごろ、千葉県流山市南の交差点を右折しようとしたワゴン車と対向車線を直進してきたトラックが衝突、炎上した。

このワゴン車とトラックの事故によって、ワゴン車に乗っていた20代の男子大学生7人が病院に搬送。
そのうちの2人(座席2列目中央に乗っていた)が顔や頭を骨折しており、重傷だという。

警察の調べによると、
ワゴン車には、近くの大学に通う20歳から22歳の男子学生7人が乗っており、さいわい全員が助け出されたが、うち2人が重症とのこと。
トラックを運転していた男性(62)も軽傷を負ったという。

大学生7人は、群馬県へバーベキューをするために向かっている途中だったという。
現在、警察が現場検証など、事故の原因について詳しく追求している。

トラックと衝突、ワゴン車の大学生7人搬送

千葉流山でワゴン車衝突、大学生ら7人搬送

流山署によると、7人が車外に出た後、ワゴン車は炎上、全焼。直後にたまたま流山署のパトカーが通り掛かり、脱出を手助けした。トラックの男性運転手(62)も軽傷を負った。ワゴン車は、常磐自動車道流山インターチェンジ方向に右折しようとしていた。大学の同級生の仲間でバーベキューをするために群馬県に向かっていたと話している。

引用:日刊スポーツ

現場周辺(千葉県流山市南)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加