女子中学生にわいせつ行為で児童福祉法違反の疑いで芸能プロ「センディング」元社長田代仁=ベレン・オリバー・オリベッティ容疑者逮捕

「デビューするには必要だ」と迫り、15歳の女子中学生とわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いで、東京・港区の芸能プロダクション(「センディング」)の元社長=田代仁ことベレン・オリバー・オリベッティ容疑者(37)が逮捕された。

警視庁によると、去年(2014年)9月に、田代仁容疑者は、
「アイドルとしてデビューしないか」
と女子中学生をスカウトしたという。

その後(2014年9月24日に)、女子中学生に、
「デビューするには必要なことだ」
「俺が売れるようにしてやる」
と迫り、面接に訪れて以降、十数回にわたって、プロダクションの社員用マンション(目黒区青葉台)で、少女に、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

少女(当時中学3年生(15))は実際にデビューすることはなく、
昨年12月に母親と警視庁赤羽署に被害相談したとのこと。

警察の調べに対し、田代容疑者は、
「今は覚えてない」
などと供述してり、容疑を否認しているという。

警視庁は、田代容疑者が自身の立場(芸能プロダクション経営者)を悪用し、
複数の女性にわいせつな行為を迫っていたとみて調査を進めているとのこと。

当時、オリベッティ容疑者は、「田代仁」や「田代オリバー」と名乗り、芸能プロダクションへのスカウトをしていたという。

モデルにしてやる・・・少女にわいせつか芸能プロ元代表

女子中学生にわいせつ容疑=元芸能プロ社長を逮捕―警視庁

少年育成課によると、オリベッティ容疑者は昨年8月、都内であったイベントで女子生徒に「君何歳?うちからデビューしない」などと声を掛けて知り合った。その後、「デビューの話がある」と会社に呼び出すなどして、十数回にわたってわいせつな行為を繰り返していたという。

引用:ニコニコニュース

中学生とわいせつ行為 芸能プロ元社長逮捕

田代容疑者はファッション誌の発行人も務めていて、同様の被害を訴える女性が複数いることが、日本テレビの取材で分かった。

 被害女性「新しい雑誌を作るから専属にならないかと言われて、そのためには、お金の契約と俺の彼女になることが条件と言われた。その契約書を書く前に階段に呼ばれて、わいせつなことをさせられました」

引用:ヤフーニュース(日テレニュース24)

元芸能プロ社長、わいせつ容疑 「モデルにする」少女勧誘

「モデルにしてあげる」などともちかけ、少女(15)にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課は13日、元芸能プロダクション社長、ベレン・オリバー・オリベッティ容疑者(37)=東京都世田谷区=を児童福祉法違反の疑いで逮捕した。

 同課によると、オリベッティ容疑者は昨年8月、都内のファッションイベント会場で「田代仁」を名乗り、「君はスタイルがいいから売れる」と被害者の少女をスカウト。モデルデビューをちらつかせ、同12月までに十数回わいせつな行為をしたとみられる。

引用:日本産経新聞

ツイッター

「デビューさせるやるから」わいせつ行為

今回の田代容疑者の行動は、最低な行為だ。
夢を追いかける少女たちにとって、拒みきれない場面などもあっただろう・・・
デビューをエサに少女を釣る程度にしか、田代容疑者は考えなかったのではないだろうか。
そして、警察からの取調べに対する「今は覚えていない」というのは、どういう意味なんだろうか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加