栃木宇都宮市自宅で谷田部峻矢容疑者が母親の首を刃物で刺し殺人未遂の疑いで逮捕

栃木・宇都宮市で、母親の首を刃物で刺したとして、28歳の男が逮捕された。

◆事件詳細

無職・谷田部 峻矢容疑者(28)は、3日午前、宇都宮市の自宅で、母親の和子さん(53)の首などを包丁で突き刺した殺人未遂の疑いが持たれている。

谷田部 峻矢容疑者を見かけた通行人が、
「血だらけの男が歩いている」
と、警察へ110番通報をしたとのこと。

その110番通報により、警察が駆けつけたところ、
谷田部 峻矢容疑者の母親(谷田部和子さん)が首から血を流して倒れていたようだ。

和子さんは、すぐに病院に運ばれたが、その後に死亡が確認された。

谷田部 峻矢容疑者は、
「母親を包丁で刺したことは間違いない」
と供述しており、容疑を認めているという。

現在、警察は、この事件を殺人容疑に切り替えて、
谷田部 峻矢容疑者が母親を殺害した経緯や動機について、調査を進めていくとしている。

首刺され母死亡=殺人未遂容疑で長男逮捕―栃木県警

自宅で母親の首を刺したとして、栃木県警宇都宮東署は3日、殺人未遂容疑で宇都宮市松風台、無職谷田部峻矢容疑者(28)を逮捕した。

 逮捕容疑では3日午前9時半ごろ、自宅で母和子さん(53)の首などを包丁や果物ナイフで数回突き刺した疑い。

 谷田部容疑者は包丁を持ったまま、自宅の外に出ていた。通りかかった男性が「何かあったのか」と尋ねたところ、「母親を刺した」と答えたため、男性が110番。 

引用:時事通信社

母親刺したとして無職の28歳男逮捕 母親は死亡 栃木・宇都宮市

栃木・宇都宮市母親殺人について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加