秩父市中津川へ友人と渓流釣りに来ていた男性・河尻融さんが死亡、崖からの滑落死か

【2015年5月22日・午後5時ごろ】

秩父市中津川に仲間と一緒に渓流つりに来ていた男性が崖からおよそ50メートルほど滑落し死亡しているのが発見された。

秩父市中津川で、狭山市の国家公務員男性(60)から、
「釣りの同行者(河尻融さん(66))と連絡が取れない」
と110番があった。

男性から通報を受けて、秩父署員が、河尻融さんの捜索にあたったところ、
約2時間後、中津川の河川敷に、川崎市麻生区王禅寺西=無職の河尻融さんが倒れているのが発見された。
その後、病院へ搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

発見時に、河尻融さんは全身を打撲していたという。
河尻融さんは、崖から50メートルほど滑落したと、現在は同署はみている。

警察の調べによると、
河尻融さんは通報をした男性と一緒に渓流釣りに来ていたが、
現地では、それぞれが別行動を取っていたとのこと。

警察は、今後、さらに詳しく調査を進めていくとのこと。

現場周辺(秩父市中津川

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加