サッポロビールに「極ZERO」115億円の追加納税を国税当局返還しないと理由明かさず通知

28日、サッポロビールは、酒税分類に関連して、昨年追加納税を行った。
そして、今年1月に追加徴税の返還を求めた115億円を、国税当局が「返還しない」と通知してきたことを公表した。

2014年5月まで、税率が低い第3のビールとして発売してきた「極ZERO」について、
第3のビールではない可能性が指摘され、一時的に生産・販売を中止した問題となる。

さらに、第3のビールではない場合に、
適用される高い税率との差額として、115億円と延滞税の1億円を国税当局に昨年8月までに追加納税した。

現在のところ、国税当局が「返還しない」理由が不明である。
その理由による問題となるが・・・
一体どういうつもりなのだろうか?

サッポロビールに「115億円返還せず」 酒税分類問題で国税当局が通知

サッポロでは7月から極ZEROを税率の高い発泡酒として再発売したが、サッポロでの再検証で、極ZEROが第3のビールであることが確認。

 国税当局が28日に返還しないことを書面でサッポロに通知したが、その理由は公表されていない。サッポロホールディングス広報室によれば「現時点では対応は決まっていない」が、異議申し立てなどの措置で、再度返還を求める可能性がある。

 サッポロホールディングスの平成27年12月期決算では、115億円の返還がないことを前提としているため、業績に与える影響はないとみられる。

引用:ヤフーニュース

サッポロに酒税返還せず

サッポロビールは28日、昨年6月まで第三のビールとして出荷していた「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」をめぐり、追加納税した酒税115億円の返還を求めていた問題で、国税当局が返還しないと回答したことを明らかに。

極ZERO

 サッポロは国税当局から情報提供を求められた際に、自主的に納税していた。だが社内で検証した結果、第三のビールに当たるとして、ことし1月に酒税の返還を求めていた。

 115億円は、第三のビールとして支払っていた税金と、ビール並みの高い税率が適用される「発泡性酒類」として計算し直した税額の差額にあたる。

引用:ニフティニュース

★ツイッターによるこの問題への関心や反応は?★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加